ホーム

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 奈良では13年ぶりに開催。原画、絵本、両方ともに、じっくり楽しめます。2018年11月17日(土)は、「関西文化の日」のため観覧無料。

最終更新日
2018.11.15

絵本の原画展には、何回も足を運んでいるのですが、

この「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」は、初めて訪れました。

確認すると、奈良では、13年ぶりの開催と、公式サイトに記載されていました。

 

私が訪れた時は、意外に、来場者の方が少なかったので、じっくりと観覧することができました。

(終盤は混雑するかもしれません)

 

展示の特徴としては、

原画が展示されている展示室に、

その原画が使用されている絵本も同時においてあります。

そのため、原画を観る、絵本を読む、また原画を観るということが、

すぐにできます。

これは新鮮でした。

展示室内の絵本は、一冊ずつしか無いので、

譲り合いながらの閲覧になると思います。

 

日本からの参加作品のコーナーも充実していて、

ちらしやチケットに描かれている、猫の原画もその中に展示されています。

 

ボローニャ国際絵本原画展とは、また違った内容、雰囲気の展覧会でした。

 

次回開催時も訪れたいと思います。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、2年に一度の開催であるため、

展覧会も2年後、2019年に開催されて、定着していくことを期待しています。

 

そして、2018年11月17日(日)は、関西文化の日のイベントとして、奈良県立美術館は、無料になります。

絵本の展覧会が無料です。

近くには、正倉院展は終了していますが、奈良国立博物館があったり、

少し距離がありますが、入江泰吉記念奈良市写真美術館もありますので、

あわせて巡ることもできると思います。

 

会期

期間:2018年10月6日(土)ー12月2日(日)

会場

奈良県立美術館

開館時間

9時〜17時(入館は16時30分まで)

休館日

月曜日

料金

一般 800円(600円)

大学生・高校生 600円(400円)

中学生 400円(200円)

()内は団体料金(20名以上)

 

小学生以下無料

その他、無料観覧については、公式サイトを確認してください。

アクセス

巡回展

都道府県

公式サイトより引用しました