ホーム

2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 各地を巡回。今年も楽しみです。鑑賞記事追加。

最終更新日
2017-10-03 00:00:00

例年、鑑賞している「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」が今年も夏に開催されます。

東京は、お子さんが、夏休みと重なるという日程になるので、夏休みにいっぱい観に行ってもらえればと思いますし、

大人も、休日などを利用して鑑賞してみてはいかがでしょうか?

自分自身も含めてですが、大人の方、たくさん鑑賞されていますので。

2016年鑑賞時の記事はこちら


巡回情報は、確認できていない会場もあると思うので、ご注意ください。

高浜市やきものの里 かわら美術館での開催は今年が最後になります。


2017年10月鑑賞記事追加

西宮市大谷記念美術館にて鑑賞。

それぞれの作品ごとに、とても魅力的で足を止めて見てしまいます

絵本を読むことができるコーナーがあったり、カフェがオープンしていたりと、

こどもたちもおとなたちも

多くの方が訪れていて、年齢関係なく楽しめる展覧会でした。

「まどろみ」という作品では、墨を使用されていて、夜の黒さ、暗さを表現していました。最初のイラストでは、左半分全てを暗闇として描いていました。

技法で驚いたのは「刺繍」の作品が展示されていました。この発想は全くありませんでした。絵本は紙に描くもの、という無意識の思い込みを破壊されました。

非常に楽しく、

やさしい作品もあれば、絵は明るいけれど、テーマは重い作品や、考えさせられる作品もありました。



会期

会場

板橋区立美術館

西宮市大谷記念美術館

高浜市やきものの里 かわら美術館

石川県七尾美術館

開館時間

休館日

料金

アクセス

巡回展

板橋区立美術館

2017年7月1日(土)-8月13日(日)

西宮市大谷記念美術館

2017年8月19日(土)-9月24日(日)

高浜市やきものの里 かわら美術館

2017年9月30日(土)-10月29日(日)

石川県七尾美術館

2017年11月2日(木)-12月10日(日)

カテゴリー

都道府県

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。