ホーム

西洋絵画をたっぷり鑑賞したい。ー大エルミタージュ美術館展 名古屋展は毎週金曜日に全作品撮影可能(注意事項は公式サイトをご確認ください)

最終更新日
2017-07-17 00:00:00

エルミタージュ美術館の常設展示作品が間近で観ることができる貴重な機会ということで非常に期待をしています。

2017年7月では、東京展はすでに終了して、名古屋展が開催中。

神戸展は10月から来年1月までと少し先ですが、楽しみに待っていようと思います。

名古屋展の公式サイトを見ると、写真撮影について記載されていたので引用します。

会場内でまずはじめに皆様をお迎えする作品、
ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》のみ、
会期中、展示室内で写真撮影が可能です!

さらに、

ご要望にお応えして毎週金曜日は
大エルミタージュ美術館展すべての作品が撮影OK!

写真撮影にあたっては、撮影時の注意および写真利用の注意について、名古屋展公式サイト トピックスを必ずご確認ください。

(上記ページは移動する可能性があります)

フラッシュ、三脚、自撮り棒、使用不可、動画撮影不可、AF補助光OFF

営利目的での利用不可や、加工。変更不可、写真公表時の注意などの注意事項が記載されています。

写真撮影可能な展覧会は非常に少ないので、写真撮影をご希望の場合は、良い機会ではないでしょうか。


神戸展での撮影がどのようになるかわかりませんが、名古屋展と同じ状況とした場合は、

1回目は、金曜日以外に、肉眼で生でじっくり鑑賞。

2回目は、金曜日に、写真撮影しながら鑑賞。

というような感じでしょうか。

基本的に、生で直接見ることを最優先にしているので、初回の驚きや感動のために、初回は金曜日を外したいと思います。

周りで写真を撮られている中では、集中しづらいかもしれないことと、シャッター音が気になったりしますので。

2回目以降に金曜日に行くというのは考えるかもしれません。



会期

2017年3月18日(土)ー2017年6月18日(日)

森アーツセンターギャラリー

2017年7月1日(土)ー2017年9月18日(月・祝)

愛知県美術館

2017年10月3日(火)ー2018年1月14日(日)

兵庫県立美術館

会場

森アーツセンターギャラリー

愛知県美術館

兵庫県立美術館

開館時間

名古屋展

午前10時~午後6時

金曜日は午後8時まで(入館は閉館時刻の30分前まで)

休館日

名古屋展

毎週月曜日および7月18日(火)

[7月17日(月・祝) 8月14日(月) 9月18日(月・祝)は開館]

料金

名古屋展

一般 1,600円(1,400円)

高大生 1,300円(1,100円)

中学生以下無料

その他割引は名古屋展公式サイトを参照

アクセス

森アーツセンターギャラリー

森タワー52F

愛知県美術館

名古屋市東区東桜1-13-2

兵庫県立美術館

神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号[HAT神戸内]



巡回展

カテゴリー

都道府県

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。