ホーム

興福寺の寺宝と畠中光享展 法相祖師画を間近で観られるチャンスです。

最終更新日
2017-09-01 00:00:00

興福寺の「中金堂」の再建にあたり、「法相柱(ほっそうちゅう)」が再現されますが、その法相柱に貼られる柱絵が、奉納の前に、展示される貴重な機会です。

奉納されて柱に貼られてしまうと、下の方に貼られた絵は近くで見ることは可能ですが、上の方の絵は遠く見上げるしか方法がありません。

目の前で、同じ高さで、非常に近い距離で観ることができるというところが一番のポイントになっています。

映像でご本人もお話になられていましたが、「群青(ぐんじょう)」の背景が注目ポイントであると思います。

群青の背景に、法相宗祖師が描かれています。


さらに、その柱絵を描かれた畠中光享氏の作品が同時に展示されています。

日本画の数々の作品を鑑賞できます。

ここでも印象に残ったのは、色、背景色です。群青や緑、そして、タイトルは忘れてしまいましたが、大阪展では入場して3枚目あたりの「帰去来(往相・還相)」、この絵の全体的な色などです。

見応えのある作品群でした。


もう一つのコーナーとしては、興福寺の寺宝が、会場に出陳される内容に違いがありますが、大阪展では、菩薩立像などが展示されていました。


全国、8会場を巡回しているのですが、大阪より西での開催が無いのが少し残念に思います。

2017年9月現在、残りは大阪、新潟、山形のみです。

会期

【大阪展】

2017年8月23日(水)~9月4日(月)

大阪髙島屋 7階グランドホール

【新潟展】

9月9日(土)~10月15日(日)

新潟市新津美術館

【山形展】

11月18日(土)~12月24日(日)

酒田市美術館

山形展には興福寺の寺宝は出陳されません。

終了分

【東京展】

2017年1月11日(水)〜1月23日(月)

日本橋髙島屋

【富山展】

2月10日(金)~3月20日(月・祝)

富山県水墨美術館

【茨城展】

4月8日(土)~5月14日(日)

茨城県天心記念五浦美術館

【神奈川展】

5月19日(金)~5月29日(月)

横浜髙島屋

【奈良展】

6月13日(火)~7月2日(日)

興福寺会館

会場

【大阪展】

大阪髙島屋 7階グランドホール

【新潟展】

新潟市新津美術館

【山形展】

酒田市美術館

山形展には興福寺の寺宝は出陳されません。

終了分

【東京展】

日本橋髙島屋

【富山展】

富山県水墨美術館

【茨城展】

茨城県天心記念五浦美術館

【神奈川展】

横浜髙島屋

【奈良展】

興福寺会館

開館時間

大阪展

午前10時〜午後7時30分

午後8時閉場

最終日は午後4時30分まで。

午後5時閉場

休館日

料金

大阪展

一般 800円

大学・高校生 600円

中学生以下無料

※本展は、「障害者手帳」をご掲示いただいたご本人様、ならびに、ご同伴者1名様は入場無料とさせていただきます。

アクセス

大阪展

大阪高島屋

巡回展

カテゴリー

都道府県

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。