ホーム

名前は知っていても、実像は知らないかもしれません。本居宣長展 開館35周年記念の第3弾 三重県立美術館

最終更新日
2017-09-18 00:00:00

2017年9月18日(月)まで、「テオ・ヤンセン展」が開催されていて、現代のアートの展覧会が開催されていたのですが、

次は、江戸時代へ。国学者「本居宣長」に焦点を当てた展覧会です。

「本居宣長」の名前は、聞いたことがあると思いますし、自画像の絵を観ると、確かに観たことがあるという記憶を持っているかもしれません。

しかし、具体的に、何をしていたのか?どのようなものを残しているのか?というところになると、知らないというケースもあると思います。

自筆の資料などを通して、その活動を追っていくことができる展覧会になっているのではないでしょうか?

生まれが現在の三重県松坂市ということもあり、本居宣長記念館もそこにあります。

会期

2017年9月30日(土)~11月26日(日)

会場

三重県立美術館

開館時間

9:30~17:00(ただし、入館は16:30まで)

休館日

毎週月曜日(10月9日開館)、10月10日休館

料金

一般 1,000(800)円、学生800(600)円、高校生以下無料

( )内は、前売りおよび20名以上の団体割引料金

その他割引は公式サイトにてご確認ください。

アクセス

三重県津市大谷町11番地

巡回展

カテゴリー

都道府県
Mie

公式サイト

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。


関連記事