ホーム

フランスの絵本が非常に楽しみです。鹿島茂コレクション フランス絵本の世界  群馬県立館林美術館。

最終更新日
2017-10-05 00:00:00

絵本の展覧会というだけでも魅力的なのですが、加えて19世紀から20世紀のフランスの絵本ということで、非常に魅力的です。

バンド・デシネの起源というサブタイトルもあり、現代へ通じている部分もあります。


先日も、兵庫県に巡回していたボローニャ国際絵本原画展で、絵本の原画を鑑賞してきました。

絵本の展覧会は、大人もとても楽しめるものです。


巡回してほしい展覧会です。

お近くの方はぜひ。

会期

2017年9月23日(土・祝)~12月24日(日)

会場

群馬県立館林美術館

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(ただし10月9日は開館)、10月10日(火)

料金

一般 820(650)円、大高生 410(320)円  ※( ) 内は20名以上の団体割引料金

※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。

※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。

アクセス

群馬県館林市日向町2003

巡回展

今後の巡回予定

2018年3月21日(水・祝)〜6月12日(火)

東京都庭園美術館

カテゴリー

都道府県
Gumma

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。


関連記事