ホーム

明治から現代まで、様々な分野の工芸作品展示。特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- 三井記念美術館

最終更新日
2017-09-09 00:00:00

公式サイトによると、展示される分野は、

七宝、漆工、牙彫、木彫、自在、陶磁、金工、染織、刺繍絵画等になります。

それぞれの分野で、好きな作品、興味を持つ作品に出会えるのではないでしょうか?

この展覧会は、明治期からの工芸作品を展示するだけでなく、現代アートとして、現代の作家が本展覧会に向けて制作した新作も展示も予定されています。

過去に制作された作品と、現在、制作された作品をを同時に、同じ流れの上にあるものとして鑑賞できる機会になると思います。

工芸作品を鑑賞することが多いので、本展覧会も東京以外の地域においても、巡回してほしい展覧会です。

また、毎週金曜日および9月30日の17:00以降は、

ナイトミュージアムとして、入場料が低く設定されています。

19:00閉館ですので、17:00過ぎにチケットを購入して入場すれば、約2時間近くあるので、

しっかり鑑賞できるのではないでしょうか。


会期

2017年9月16日(土)ー12月3日(日)

会場

三井記念美術館

開館時間

10:00-17:00(入館は16:30まで)

ナイトミュージアム

毎週金曜日および9月30日、19:00まで開館(入館は18:30まで)

休館日

月曜日、10月10日(火)

ただし、9月18日(月)、10月9日(月)は開館。

料金

一般 1,300円(1,100円)

大学・高校生 800円(700円)

中学生以下無料

()内、20名以上の団体料金


ナイトミュージアム

毎週金曜日および9月30日の17:00以降

一般 1,000円 大学・高校生 500円

その他割引は公式サイトにてご確認ください


アクセス
東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階

巡回展

カテゴリー

都道府県
Tokyo

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。


関連記事