ホーム

「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」 あまり触れる機会の少ない東南アジアのアートに触れられる機会と思います。

最終更新日
2017-11-03 00:00:00

東南アジアの現代美術を鑑賞できる展覧会は開かれる機会が少ないように感じていますので、貴重な機会になっていますと思います。

どうしても西洋、欧米の美術に関する展覧会が多いですので、このような展覧会も、いろいろなところへ巡回してほしいです。


会期

2017年7月5日(水)-10月23日(月)

森美術館、国立新美術館

2017年11月3日(金)-12月25日(月)

福岡アジア美術館

会場

森美術館、国立新美術館

福岡アジア美術館

開館時間

福岡アジア美術館

午前10時開館 午後8時閉館 (入室は午後7時30分まで)

休館日

森美術館 会期中無休

国立新美術館 毎週火曜日


料金

森美術館および国立新美術館

2館共通(国立新美術館&森美術館の両方)

一般  1,800円

大学生 800円

単館(国立新美術館または森美術館の一方のみ)

一般  1,000円

大学生 500円

詳細は公式サイトにてご確認下さい。

アクセス

森美術館

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階、53階

国立新美術館

東京都港区六本木7-22-2

福岡アジア美術館

福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F



巡回展

カテゴリー

都道府県

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。