ホーム

戦後の住宅建築を鑑賞。実物大模型も。「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」東京国立近代美術館。

最終更新日
2017.09.17

戦後の住宅建築にをテーマにした展覧会です。

各時代に建設された様々な家を、いろいろな資料で観ることができます。

時代ごとの違いも含めて感じられるのではないでしょうか。

実物大の模型は、とても楽しいと思います。

「大きさ」によって、はじめて感じられるものがあると思いますので、


2回目以降のリピーター割引はかなりお得です。


国内では、東京のみの開催で巡回展が予定されていないのが残念です。



会期

2017年7月19日[水]- 10月29日[日]

会場
東京国立近代美術館

開館時間

所蔵作品展 10:00-17:00(金曜日・土曜日は10:00-20:00)

「日本の家」展開催期間(平成29年7月19日~10月29日)の金曜日・土曜日 は21:00まで開館

企画展の土曜日の閉館時間は各企画展により異なります。

入場は閉館30分前まで

休館日

月曜(9/18、10/9は開館)、9/19(火)、10/10(火)

料金
一般 1,200円 (900円) 大学生 800円 (500円) ※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。 5時から割引: 一般 1,000円 大学生 700円 リピーター割引: 本展使用済み入場券をお持ちいただくと、2 回目以降は特別料金 (一般 500 円、大学生 250 円)でご覧いただけます。 リピーター割引はかなりお得です。 その他割引は公式サイトにてご確認ください。

アクセス

千代田区北の丸公園3-1

巡回展

都道府県
Tokyo

公式サイトより引用しました