ホーム

伊丹市立美術館 再発見!小寺鳩甫(こてらきゅうほ)展 風刺や面白い漫画で時間が足りませんでした。

最終更新日
2017-04-19 00:00:00

大正から昭和初期の漫画家・小寺鳩甫(こてらきゅうほ)の展覧会です。


・諷刺漫画雑誌『大阪パック』

表紙が40点ほど展示されています。横書きの文字が右から読むようになっているのが、時代を表しています。

どの表紙も風刺になっていて、とても新鮮に観られました。


・子供向けの仕事展示

子供向けの仕事では、数々の作品が展示されていました

それに加えて、スクラップブックが7冊ぐらい用意されていて、

子供向け仕事の「ターちゃん」や、収集していたスクラップブックを観る事ができました。

量が多いので、全て観られなかったのが残念でした。


・息子・孫の絵日記

息子の成長を2年間に渡って描かれた絵日記が展示されていました。

描かれたのは、100年近く前なので、現在と時代が違うはずなのですが、時間の距離を感じないというのが素直な感想です。

若いときに贈られると、照れくさいかもしれませんが、本当に宝物だと思います。

現在ならビデオや写真を利用するところと思いますが、直筆で描かれているところに、とても気持ちを感じます。

孫の絵日記も、展示されていました。

展示室の広さに比べて、スクラップブックや絵日記、その他の作品など、

じっくり読んでしまうものも多かったので、

今回は、もっと早く、もっと時間のあるときに行っておけばよかったと後悔しました。

すでに展覧会終了していますので、

ぜひ、数年後に再度開催してほしいと願っています。

(残念ながら、今後の開催予定はわかりません)


会期

2016年11月12日(土)-12月18日(日)

会場

伊丹市立美術館

開館時間

休館日

料金

アクセス

兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20

巡回展

カテゴリー

都道府県
Hyogo

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。