ホーム

京都府新鋭選抜展2017、祇園祭・岩戸山の美、​京都の歴史、日本の表装―掛軸の歴史と装い―京都文化博物館

最終更新日
2017-04-22 00:00:00

今回は、総合展示の料金のみで以下の展示を観ることができました。意外にお得なように感じています。


「京都府新鋭選抜展2017」では、現在の若手作家の作品を観ることができます。

別館では、真っ暗な中で、特別出品である映像作品が上映されていました。


「京の歴史」についての展示では、普段あまり音声ガイドは利用しませんが、音声ガイドが100円だったので利用してみました。

音声で解説を聴きながらの方が、観る方は展示物に集中できるので、よく理解できるのかもしれません。

室町時代というのが、京都の室町、室町通りに由来していることを、今更ながら知りました。

ちなみに展示解説だけでなく、わらべうたも収録されているのですが、聴くのを完全に忘れてしまって残念です。

改めて京都の歴史について、学べる内容で、知らないことも多かったです。


「京の至宝と文化」として、「祇園祭・岩戸山の美」、「日本の表装―掛軸の歴史と装い―」という展示が行われています、

「祇園祭・岩戸山の美」では、軒裏絵や絨毯(インド絨毯)など、岩戸山の品々を間近に観ることができます。

前期後期で入れ替わるので、機会があれば、後期も観てみたいと思います。


「日本の表装―掛軸の歴史と装い―」は、京都大学総合博物館との共同開催となっていて、

こちらでは、いろいろな掛軸を観ることができます。

掛軸に注目する機会も少ないかもしれないので、良い機会だと思いました。


会期

「京都府新鋭選抜展2017」

2017年1月28日(土)ー 2月12日(日)

「日本の表装―掛軸の歴史と装い―」

2016年12月17日(土) ー 2017年2月19日(日)

「祇園祭・岩戸山の美」

2017年1月21日(土) ー 2017年4月2日(日)

会場

京都文化博物館

開館時間

休館日

料金

アクセス

京都市中京区三条高倉

巡回展

カテゴリー

都道府県
Kyoto

公式サイト

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。