ホーム

竹久夢二美術館。「夢二式美人画」とも言われる女性画が非常に魅力的です。

最終更新日
2017-11-28 00:00:00

「夢二式美人画」と言われる美人画が、現在でも人気で、私も非常に魅力を感じています。

竹久夢二の美術館になります。


いろんなところで、竹久夢二をテーマにした展覧会は開催されているのですが、

「竹久夢二の美術館」であるからこそ、取り上げられるテーマや展示もあるように思っていまして、

特に、2017年9月から開催されている「心に残る風景を探して 自然、旅、東京の景色を描く」では、

なかなか取り上げられることが少ないと思われる「風景画」をテーマにした展覧会が開催されています。


展覧会スケジュール
2017年9月29日(金)〜12月24日(日) 心に残る風景を探して 自然、旅、東京の景色を描く 2018年1月3日(水)〜3月25日(日) 竹久夢二と雑誌の世界 ―明治・大正・昭和の魅惑のメディア―

開館時間

午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替え期間中、年末年始

料金

一般900円/大・高生800円/中・小生400円

弥生美術館も利用できます。

アクセス

東京都文京区弥生2-4-2

会員制度

公式サイトより引用しました

関連記事

このページをシェアする。