ホーム

仏教美術や正倉院展など-奈良国立博物館

最終更新日
2018-02-26 00:00:00

日本の美術品や仏教に関する美術品、仏像、青銅器などが展示されています。

特別展で最も有名なのは、正倉院展と思います。

毎年、秋に開かれていますが、

開催期間が、2週間少し程度と、短いので、油断していると、見逃してしまうので注意が必要です。

実際に、行こうと思っていても、予定が合わずに断念していることもあります。

(2016年度は観に行くことができませんでした)

特別展だけでなく、名品展という常設の展示も観て回ると、かなりのボリュームになります。

近鉄奈良駅、JR奈良駅、いずれも少し距離がありますが、歩くことも出来ると思います。

私はいつも徒歩です。

東大寺、興福寺、春日大社も近いので、一緒に巡ってみるのも楽しいのではないでしょうか。


展覧会スケジュール

特別陳列

お水取り

2018年2月6日(火)〜2018年3月14日(水)

 

修理完成記念 特別陳列 薬師寺の名画

2018年2月6日(火)〜2018年3月14日(水)

 

特集展示 名もなき知識、発願者たち(写経編)

2018年2月6日(火)〜2018年3月14日(水)

 

創建1250年記念特別展

国宝、春日大社のすべて

2018年4月14日(土)〜2018年6月10日(日)

 

糸のみほとけ

―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―

2018年7月14日(土)~2018年8月26日(日)

 

終了した展覧会

特別展

快慶 日本人を魅了した仏のかたち

2017年4月8日(土)~2017年6月4日(日)

 

◆1000年忌特別展

源信 地獄・極楽への扉

2017年7月15日(土)~2017年9月3日(日)

 

正倉院展

2017年10月28日(土)~2017年11月13日(月)

 

特別陳列

おん祭りと春日信仰の美術

2017年12月9日(土)〜2018年1月14日(日)

 

特集展示

新たに修理された文化財

2017年12月26日(火)〜2018年1月14日(日)
 

開館時間

午前9時30分から午後5時まで

毎週金曜日、土曜日は、名品展・特別陳列のみ午後8時まで開館。

いずれも入館は閉館の30分前まで。

その他に臨時に開館時間を変更することがあります。

休館日

毎週月曜日(休日の場合はその翌日。連休の場合は終了後の翌日。)

1月1日

その他に臨時に休館日を変更することがあります。

料金

◆名品展 ※特別陳列を含む(特別展は別料金です。詳細は公式サイトで御確認下さい)

    個人 団体

一般 520円 410円

大学生 260円 210円

各種割引は公式サイトで御確認下さい。

 

◆無料観覧日(名品展のみ)

節分(2月3日)、こどもの日(5月5日)、

国際博物館の日(5月18日)

敬老の日、関西文化の日

アクセス

奈良市登大路町50番地

会員制度

有り

2種類あります。

 

国立博物館メンバーズパス

料金

[一般] 2,000円

[学生] 1,000円

期間

購入日から1年間

特典

①当館および東京・京都・九州の国立博物館の「平常展」(当館では「名品展」)等を有効期間内の開館日にいつでも、何回でも無料でご観覧いただけます。

②上記展覧会以外の「特別展」・「共催展」等については、有効期間内の開館日にいつでも、何回でも団体料金でご観覧いただけます。

コメント

各地の国立博物館合わせて、平常展、名品展に年に3、4回、行かれる場合は、入会を検討したいと思います。

 

奈良博プレミアムカード

料金

[一般] 5,000円

[学生] 3,000円

[家族] 10,000円

期間

購入日から1年間

奈良国立博物館での特典

(1) 特別展

  有効期間内の開館日に、記名者本人のみ各展覧会2回まで無料でご観覧いただけます。

  (3回目以降の観覧は団体料金適用)

(2) 名品展・特別陳列

  有効期間内の開館日に、記名者本人と同伴者合わせて2名様まで何度でも無料でご観覧いただけます。

東京・京都・九州国立博物館での特典

(3) 特別展

  有効期間内の開館日に、記名者本人のみ何度でも団体料金でご観覧いただけます。

(4) 平常展

  有効期間内の開館日に、記名者本人のみ何度でも無料でご観覧いただけます。

コメント

特別展ごとに、2回まで無料ということがポイントなので、

2回行きたくなる展覧会があれば、検討したいと思います。

 

公式サイトより引用しました

このページをシェアする。