ホーム

「琉球漆器」「うるし、螺鈿、蒔絵など」が観られる美術館。浦添市美術館

最終更新日
2017-09-19 00:00:00

琉球王朝文化が誇る琉球漆器を中心に世界の漆芸を収集・展示・保管しています。

展示内容について、公式サイトより引用しました。

螺鈿(らでん)や蒔絵(まきえ)などの、漆による工芸作品の鑑賞は、非常に好きな分野なので、個人的にはとても魅力を感じる展示内容です。

常設展では、展示替えを行いながら、それらの作品を展示しています。

とにかく漆芸の作品に特化しているので、漆芸の作品を鑑賞したいという目的の時に訪れれば、楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。


琉球漆器をテーマにした展覧会は、あまり訪れた経験が無いので、この美術館の所蔵作品による、巡回企画展が開催されることも今後期待しています。



土地柄を感じたのは、ご利用案内のページに、台風接近時の対応が、常に記載されている点です。

台風接近時の対応については、浦添市美術館 ご利用案内のページをご参照下さい。


展覧会スケジュール

国立歴史民俗博物館企画巡回展

URUSHIふしぎ物語ー人と漆の12000年史ー

日時:2017年9月15日(金)~10月22日(日)


漆以外のジャンルですが、

2018年3月17日(土)〜5月6日(日)

アルフォンス・ミュシャ展

詳細内容は未確認です。

開館時間

午前9時30分~午後5時※金曜日は午後7時まで開館しています。

※入館は閉館の30分前までです。

休館日

毎週月曜日

※ただし月曜日が祝祭日の場合は開館。

年末年始

※12/28~1/4は休館。

その他

※臨時に休館・開館することがあります。

料金

常設展観覧料

一般200円(160円)

大学生130円(100円)

65歳以上160円

※高校生以下は無料です。

※( )の料金は20名以上の団体料金です。


企画展は展覧会により異なります。

アクセス

沖縄県浦添市仲間1-9-2

会員制度

公式サイトより引用しました

関連記事

このページをシェアする。

Tags